タグ別アーカイブ: メータ

厚木倉庫〜のガレNaO@富士宮 (3/19)

メンテのために、厚木経由で富士宮へ。

AM0:55頃、厚木倉庫到着

そんでもって、富士宮到着。

仮眠の後、作業開始!

今回のメニュー

  • NaO10号、GPS-Clockリニューアル
    • 某所より追加で発注を受けたので、部品確認、動作テストのため、まず、NaO10号用を作成した。
  • Lamp Failure対策
  • オイル交換 (10W-40)

と言うわけで、GPS-Clockを久々に作りますョ

そもそも、1.8-TFT液晶パネルが、仕様がまざってきていて、本来求めているモノがゲットしづらくなってきている。。
具体的に言うと、パネルの縁の太さが2種類存在するんですねぇ。。
で、縁が狭いヤツじゃないと、Z20のメーターパネルにジャストフィットしないんですよね。
出荷(?)向けは、この狭いヤツじゃないと厳しいんですよねー。
ただ、10号のは、他のバージョンと違い、メーター側をかなり切り削り加工し、TFTを、パネル側に両面テープ固定しているので、まぁ、どっちも行けます。
というわけで、出荷向けに使えない縁の太いTFTを使って、10号のGPS-Clockをリニューアルすることとしました。

まずは、10号からメーターを外し〜、ばらします。

で、旧バージョン(GPS-Clock V3くらいかな)のTFTをブチ取ります。(写真↑の左側のTFT)

で、純正時計基板を、

かなーり、加工します。

電源回路(5Vラインと、3.3Vライン)を作り、それを乗っけた基板を時計基板に貼り付け!(w

でもって、Teensy3.2に、クリスタルやTFTを取り付け。

でもって、プログラム流し込んで、テスト!

とりあえず、いい感じ?

では、実車テストしましょ〜。

大丈夫そうですね。

GPSレシーバーへの配線もしてと。

内装戻して完成!

大丈夫ですね。

Logoも変えますか。

SUPER LIMITED (W

GPS-Clock V4.1-NaO10_Rev.

とします(w

Lamp Failure対策も大丈夫!

やけに白いけど、まぁ、いっか。

本日最後は、オイル交換。

今回は、コスモ石油の10W-40

以上〜

ODOメーター用カウンター回路改良の巻(その5)

10/18の夜中に、Debug用LCDですが、前回変更したLCDは表示応答も早く動作も安定していたのですが、バックライトなしはやはり厳しいので、バックライト付きに変更。。。

sainsmartの、I2C変換回路付の16×2バックライトLCDへ。 → これ。

20151018_044504

だいぶ見やすくなりました。

I2CのSDA,SCLのプルアップ抵抗付けてなくて、動かなくて焦ったw

I2C→パラレルI/Oのロジックがいまいちらしく文字書き換え時、かなりもっさりした感じだけど、まぁ、Debug用なので、よしということにしますw

というわけで、

ODOメーター用カウンター回路改良の巻

は、これで、一旦完了。。

ODOメーター用カウンター回路改良の巻

ごく稀に、パルスカウントをしくることがあり、調査&改善のため、メインユニットのボードを変更することに。

↓こんな感じに。

ODO_COUNTER_V3_0

 

  • Before
    • Arduino Nano
      • AVRマイコン (Atmel ATmega328)
      • 16MHz
      • Flash: 32KB
      • RAM: 2KB
      • Digital I/O: 14
      • 外部割り込み: 2
      • ハードウェアシリアル(UART): 1
      • 購入価格: 1300円くらい
  • After
    • Teensy 3.1
      • ARMマイコン (MK20DX256VLH7/Cortex-M4)
      • 72MHz
      • Flash: 256KB
      • RAM: 64KB
      • Digita; I/O: 34
      • 外部割り込み: 34
      • ハードウェアシリアル(UART): 3
      • RTC内蔵
      • 購入価格: 3200円くらい

というわけで、結構豪華構成(笑)です。

ソース移植中に、ロジックバグを何個か発見。もしかしたらこれが原因なのかも的なやつも(w

とはいえ、RTC内蔵で、高速なチップなので、これに置き換えてみようかと。

↓まだ途中。

20150930_18322420150930_124931

続く。

ODOメーター(その13)&GPS Clock(その7)

20150322_00

土曜の夕方から某N3さんと富士宮作業オフ。

3/21 16時頃、渋谷を出発。

途中、横浜青葉-海老名で渋滞。。(8Kmくらい)

18時頃、富士宮入り。

N3殿も合流し、作業開始。

今回のメニュー

  • ODOメーターの表示機変更
    • キャラクタLCD→1.8インチグラフィックTFT-LCD
  • GPS ClockのTFT-LCDリプレース
    • 貼り付け位置へまったので、新品を貼りなおし。。^^;
  • GPS Clock、ODOディスプレイ、メインユニット統合。
    • 1つのケースに、集約。
    • Micro SDカードリーダーを追加(LCDのSDスロットは怪しいので)
  • 車載PC MP3整理(w

まずは、お部屋で、LCD貼り。

20150322_01

↑完成の図。(途中写真トリ忘れた。。。)

でもって、ユニット箱詰め。

20150322_02

ユニット→LCD間のケーブルは、NEC PC-9821シリーズ(PC互換機じゃないやつ)のキーボード延長ケーブルを流用。

テストOKなので、メーターをマウントしなおし、完成!

姪も手伝ってくれて作業は捗ったヨ。

全体

20150322_03

GPS-Clock

20150322_04

ODO(表示部)

20150322_05

やっぱり、バック黒がいいね。

続く。

参考)

回路図、ソース、パーツリストとか

before(納車時)

20150322_06

before(LCD Clock Ver.1)

20140615_03

before(LCD Clock Ver.1 & ODO Display Ver.1)

20150228_07

before(LCD Clock Ver.2 & ODO Display Ver.1)

20150318_03

after(LCD Clock Ver.3 & ODO Display Ver.2)

20150322_03

GPS Clock(その5)

さて、搭載用ハードを作りますか。

回路はこんな感じかな。

20150313

前作(Ver.1)からの変更点

  • 16×2キャラクタLCD(I2C)→1.8インチTFTカラーLCD(SPI)
  • Arduino UNO→Arduino Pro/Mini(5V)
  • RTC追加
    • 基本、現在時刻は、RTCから読み出す。
    • GPS受信OKで、RTCとの誤差が1sec以上な場合、RTCを補正
  • microSDカードより、logoデータチェックし、あればlogoを表示する。

 

ODOメーター(その12)、車載PC8号機その2

ドンキで、プチ作業完了。

今回のメニュー

  • ODOメータプログラム更新
    • SPI関連bug-fix
    • settime bug-fix
    • ODOディスプレイ表示変更。100m単位の表示を廃止し、”Km”を付加。
  • ODOメーター電源引き直し(IGN 7.5Aより)
  • 車載PCアプリ、スクリプト修正
    • ntpdate成功時、ODOのRTCの時刻更新(settime機能にて)
    • 音楽選択時、300msecのwait処理追加(id3tag解析処理のバッファ)
    • tmpファイルの完全ramdisk化(一部tmpファイルが残っていた)
  • mp3ファイル更新

20150307

ODOメーター(その11)

デジタルODOメーターのおまけ機能のトリプルトリップメーターにバグがあったので、コンビにの駐車場でプログラム修正をデプロイしました。^^;

#バグは、次回起動時にTrip2が微妙にズレるw 多分、FRAMへの書き込み失敗かと。^^;

そもそも、FRAMのSPI通信があやしかったので、SPIまわりを全面書き直しました。

とりあえずは、直った感じ。

しばらく様子見ですね。

あと、電源ラインもやばいかも。

IGNの12Vがちょっと不安定で。。特に間欠ワイパー作動時は怪しい。

LIMITEDコンビスイッチ化した時のIGNから分岐してるのがよろしくないかな。

なんか、ノイズ拾ってる感じ?

というわけで、追加マイコン系の電源は、別系統(ECU系のIGN)のヒューズ(7.5A)から取り直す予定です。

コンビスイッチは、エレクトロニクスIG(15A)からですね。

続く

いろいろ作業@富士宮

20150228_00

久々のー、1日作業Day!

渋谷でプレ作業ののち、一路富士宮へ。

午前4時過ぎ出発。

本日のメニュー

  • 純正ODOメーターリプレイス(デジタル化)
  • ↑のための、事前作業
  • 後部座席シガーライターソケットリプレイス
  • 車載PCリプレース
  • ↑のための、事前作業
  • ウェザーストリップ強化 → 部材不足でリスケ
  • スターターリレー追加 → 時間切れでリスケ

20150228_01

AM6:00頃富士宮入りし、作業開始!

まずは、メーターから。

20150228_02

メーターを外してー

部屋で、加工

20150228_03

いい感じ!?

でもって、マウント。

20150228_04

20150228_05

それから、以前搭載したデジタルODOメーターに、機能追加のため、PCからプログラム更新し、

TXピンに配線ハンダ付けして、今回作ったODO-DISPLAY基板に接続。

20150228_06

おお、いい感じ!?

20150228_07

では、次行きます!

先日組み立てた車載PC8号機を搭載すべく、準備作業。

20150228_08

毎度お約束なジャングル。。。

準備も終わり、搭載

20150228_09

20150228_10

電源変更(M2→M4)はよかったかも。

IGN連動のシーケンスが改善されてますね。

以前は、IGN-ONの時に、手動でシャットダウンした場合も、5秒後に勝手に立ち上がったけど、

今回のは、シャットダウンしたまま。で、ATXパワーボタンでマニュアル起動させても上がったままで、IGN-OFF後は、5秒後にシャットダウンされる。

すばらしい。

そんなこんなで10号IoT化(?)は続きますw

Before↓

20150228_11

ODOメーター(その10)

20150223_00

いろいろ検討した結果、やはり、1の案(純正ODOメーター部分もデジタル化)に。。

まずは、液晶を物色。

サイズ的に、

秋月のACM0802C

がよさそうなのでゲットしてきました。

取り急ぎ、電源つないで、バックライト光らせコントラスト調整し、メータにあてがってみました。

20150223_01

 

お!いい感じ??

続く。

ODOメーター(その9)

ODOメーター車載してしばらく様子をみてたが、純正の機械式オドメーターは約0.1%の誤差があることが判明。

純正Trip計とのズレはないので、純正ODOメータ自体がズレているかと。

100Km走行で、約100m多く進みますね。

(追記)でも、1000Km毎500Km時に、補正している感じでもありました。。。ので、結果ずれてないかも。。^^;

さてさて、どうしようか。

2つの案でお悩み中。

  1. 純正ODOメーター部分も、置き換え(デジタル化)する
  2. ODOの距離カウントを0.1%分(約13パルス)早くカウントアップする

悩ましいですねぇ。

1の案が濃厚ですw

ODOメーター(その6)

20150215_07

とりあえず、β版できたので、車載決行!

タイヤ交換のあと、TOMさんとコメダでかるくお茶したあと、TOMさんと古淵駅で別れ、圏央道厚木PAへ。

まずは、運転席側をばらしてー

20150215_08

電源ラインと、このまえ引き出した20パルスの車速ラインを、助手席側へ。。よっこらっしょ。

仮マウントしーの、

20150215_09

車載Linux側へアプリデプロイ。

20150215_10

うーん。いい感じ?

ウィンドウのレイアウトは後日ゆっくりということで、とりあえず、車載完了!

今回は、いろいろ修正しながら仕様変更もしながらで、基板もぐちゃぐちゃで、あれなんで、

プリント基板おこして(某Tさんに協力要請しましたが^^;)2号機をつくろうかと思います。

続く。

ODOメーター(その5)

20150214_01

さてさて、箱詰めの時間ですw

液晶表示部をマウントするために、ハンディニブラを新調しました〜(タイトル画像)

一生懸命切ります!キリマス。。

20150214_02

仮開け完了!!

これは楽ですねー。初ニブラ。

でもってヤスリで仕上げ。。

結局あんまり綺麗にできなかったけどw

そこそこでよしとしました^^;

でもって、配線を少しまとめてー

20150214_03

閉腹します!

20150214_04

Digital ODO Meter for Z20 SOARER βバージョン完成の巻(w

液晶表示内容は、

[現在時刻] [現在pulse値:0-12739]
[積算距離] [電源onからのTrip:Current]

となってます。

液晶はあくまでもDebug情報表示用なんで、こんな感じです。

背面には、電源とか。

20150214_05

左 赤:IGN(+12V)、黒:GND
中 灰白:Serial(Rx/Tx)、黒:GND(Serial)
右 白:Speed Pulse INPUT(20Pulse、0-12V)、黄:Speed Pulse Output(20Pulse、波形整形済み、0-5V)

シリアルは、9600bpsで現在値を出力します。(ODO/Current/Trip1-3)

続く!

ODOメーター(その4くらい)

今回は、ソフト面。

D4.D5pinでシリアル通信し、車載Linuxへ情報を渡せるようプログラム改修。

ついでに、Trip計も不揮発3系統+揮発1系統をとれるように。

Linux側からは、ODOの値設定機能(車載後1回使うくらいですが)、Trip1~3のリセット機能を作成。

手抜きソースですが、、興味ある方は。。

https://github.com/j4590/soarer/tree/master/ODOTRIP

情報表示アプリは、とりあえずこんな感じなやつ↓を作成。(Gtk2)

20150212

RTC(i2c接続)をつけてみたので、そのついでに、その日の最終ODOをFRAMに保存するようにしました。

FRAMは32KByteあるので、2042年分まで保存できますw

後から参照もできるようにします。

RTCモジュールはこれ。↓

http://www.aitendo.com/product/10243

 

暖房その後&ODOメーターその後

20150210_00

大阪某所に依頼していたマグネットバルブが届いたので日曜早朝に交換しました。(@ドンキ◯店地下駐車場)

↓新品のウォーターバルブ マグネットバルブ

20150210_01

↓Before / After

20150210_02

交換完了!!

20150210_03

暖房も問題なし!

直りました。

んでもって、お次は、ODO/TRIP/SPEEDメーター。。毎回呼び方違うような。。そろそろ名前つけよう。。^^;

まずは、メーターに入っている20パルスの信号取り出しから。

20150210_0420150210_05

コネクタBの9番(紫/白)ですね。

じゃ、メーター外して取り出すとしますか。

20150210_06

 

20150210_07

取り出しました!

でもって、自作メータへ。。

まずは、軽くテスト。。

数m前後してみました。。

ん?なんかおかしい!?

感覚的に、倍の値ですね。

パルスのカウントを立ち上がり下がりそれぞれカウントしてるのがまずかった。

1回のパルスは、High→Low→Highのパスルみたいですね。。

20150210_08

Arduinoソースの

attachInterrupt(0, pulsechange, CHANGE);

attachInterrupt(0, pulsechange, RISING);

へ修正!

もう一度テスト。

今度はいい感じです〜

20150210_09

日曜早朝の作業はここまで〜

で、月曜の晩に、LCDをちっこいやつに変えてみました。

こっちのがいい感じかなw

20150210_10

ソフト的なところは、とりあえずで入れたスピードメーター機能の速度が若干多めというところですね。

これは、

282.6msec

が正確にできてないとこなんですけどね。

メインloopの最後に、約290msecのdelayをぶっこんでるだけなので。。。

表示処理とかF-RAM書き込み処理とか入った時とかもブレるし。

そのうち、マイコン自体も分離して、Timer割り込みに処理を変える予定です。。

当初の目的は、ODOメーターデジタル化だったので、まずは、よしとしましょう。

続く。