ドアトリムリペアとか

運転席のドアトリムのリペアをお願いしに、郡山にあるクルーズというところに行ってきた。

20160227_09593120160227_100340

パワーウィンドウスイッチ固定部分が2か所大きく切れて裂けてていつも気になってたので、ここの修復と、クリーニングを依頼しました。

その場で、内張り剥がして、置いてきました(w

20160227_103652

そんでもって、代わりに、予備の内張りをつけた。

20160227_111108

返ってくるまではしばらくこいつでしのぎます。

帰りの道中、矢田部東PAで、フェンダーマーカー交換してきました。

20160228_10444820160228_10445520160228_104459

ファイバー経由の光は全然見えないので、LEDぶちこんでおきました。

そのための、配線もして、完成!

20160228_104926

トンネルで、結構きれいに光ってるのを確認できました(w

 

DTMFサウンダー(エンコーダー)

操作音も、K.I.T.T風にしたく、DTMFサウンダーを製作。

ハードウェア

DTMFトーンジェネレータに、HOLTEK社のHT-9200Bを使用。

アンプに、HOLTEK社のHT82V739を使用。

制御に、Arduino Nanoを使用。

DTMF_Encoder

ソフトウェア

待ち受けは、MQTT Subscriber(paho)を利用。

MQTTサーバは、Mosquittoを利用。

命令側は、MQTT Publisher(paho)を利用。

外観

20160225_110444

スピーカーボックスも作ってみた(w

20160225_123407

中身

20160219_232812

デモ

続く。。

 

 

スイッチリプレース(その2)

新倉PAにて作業

20160220_101104

以前リプレースしたOMRONスイッチに、機能割り当てのための結線及び、LED制御のための結線及び、制御回路改修をしました。

レイアウトは以下

aircon_sw_led

まずは、MZ20-H77 Powerから。

PCマザーのATX電源ボタンの線をPush-ONのピンへ結線。

LEDは、マイナスコントロールでするため、12V側は、既存のエアコンスイッチのLEDにつないでいる12Vラインから並列に引き回し。

んでもって、マイナス側は、PCにつないでいるUSB-HUBのうち、シフトレバー横に設置しているHUBのUSBコネクタから5Vを引き出し、リレーにて、GNDへ落とすことに。

次は、エアコン側。

今回、新設のスイッチは、Autoのみ。純正エアコンパネル32ピンと30ピンでAutoなので、まずはそこを結線。

LED制御は、Aircon_let_state回路(TeensyLC)のオープンコレクタでマイナスコントロールしているので、今回、新設の、AutoとOff(ファンが回っている間点灯)のLED制御のため、回路側に追加で、D20pin,D23pinにNPNを接続(回路図の赤い丸のとこ)。そんでもって、コレクターを、LED(-側)へ配線。

AirConLedState

こんな感じ↓

20160220_12243620160220_121346

Aircon_led_state回路のファームも書き換え、テスト!

最初はbugってしくりました(w

修正後、テスト!

20160220_132253

いい感じ♪

テプラを家に忘れてきたため、ラベルは後日(w

全体はこんな感じ↓

20160220_123715

続く。。

 

スイッチリプレース!

ランバーサポートのとこのスイッチと、ステアリングパッドのRaspberry Pi Zeroリセットスイッチ(黒)を照光式スイッチにリプレース

まずは、ランバーサポートのとこ

エアピュリスイッチのとこに埋め込んだOMRONの照光式プッシュスイッチと同じシリーズのサイズ違いを4つ使って、

ランバーサポートのとこのスイッチをリプレース加工。

部屋で加工の図↓

20160216_17393920160216_173933

全部(エアピュリスイッチのとこ2つと、今回の4つ)で約6000円成^^;

Before

次はステアリングパッドのRaspberry Pi Zeroリセットスイッチ(黒)

部屋で加工の図↓

20160216_183857

アンバーのオルタネイト(ロック式)照光式スイッチに。

機能も変更

旧:リセット

新:電源

Before

 

実車装着

20160216_19581320160216_223413

20160216_195901

 

今回の部材

  • OMRON 照光式プッシュスイッチ モーメンタリー 正方形緑
  • 日本開閉器 照光式プッシュスイッチ オルタネイト(ロック式) 丸型黄[RoHS]

 

今後の予定

  • スイッチ機能のレイアウト変更
    aircon_sw_led

    • MZ20-H77 Power : PC8の電源ボタン
    • A/C  : エアコン A/Cボタン
    • Auto : エアコン 自動ボタン
    • DEF : エアコン デフォッガボタン
    • A/C OFF : エアコン 切ボタン
  • LED制御
    • MZ20-H77 Power → PC8(mz20-h77-new)の電源がONの時点灯
    • A/C → A/C(冷房,コンプレッサー)ONの時点灯
    • Auto → エアコンが自動の時点灯
    • DEF → デフォッガONの時点灯
    • A/C OFF → エアコンのファンが弱以上の時点灯

以上!

ステアリングパッドLCD(とりあえず完)

最低限のアプリはできたので、とりあえず完ということで。。

20160211_005649

  • ODO,Trip3の表示
    • PC8号(mz20-h77-new)よりpush(MQTT)
  • 現在地(都道府県、経度・緯度)表示
    • PC8号(mz20-h77-new)よりpush(MQTT)
  • 現在の曲情報表示
    • PC8号(mz20-h77-new)よりpush(MQTT)
  • エアコン状態表示
    • エアコンRaspberry Pi2(mz20rpi2)よりpush(MQTT)
  • 情報表示
    • PC8号,sa-nocサーバより,tachibana経由にてpush(MQTT)
  • 時計

芝浦PAにて

20160211_021152

20160211_020941

以上!

NaO10号 情報機器相関図 2016/2/7

相関図

NaO10_20160208

回路図

ステアリングパッド内

Raspberry Pi Zero+3.5インチTFT+電源制御回路+ホーン制御回路

MZ20_RpiZero

 

Pad-TX(2015/6)

NaO8_pad_ctl_tx_3

 

エアコン関連

aircon状態解析

AirConLedState

 

グローブボックス内

Pad-RX(2005/4)

NaO8_pad_ctl_rx_20050425

 

ODO-Counter(Teensy 3.x Ver. 2015/12/7)

ODO_COUNTER_V5

 

GPS-Clock Ver.3(2015/3/31)

GPS_CLOCK_V3

 

GPS-Clock Ver.4(2015/12/20)

GPS_CLOCK_V4_Teensy32

 

ステアリングパッドLCD(その4)

アプリはとりあえず、グローバルメニューボタンを作ってみた。

20160204_21484720160204_214906

そんでもって、車載テスト~

20160204_22284220160206_020134

ちゃんと、ホーン機能もインプリしてますヨ(w

MZ20_RpiZero

20160204_22293620160204_223019

↓休止モード!?(w

20160204_223100

まずはOK!

いい感じ!

あとは、車内無線LAN接続関連とアプリ開発ですね。ネタも含めて(w

続く~

mz20_pizero_pwr.asm

mz20_pizero_pwr.asm

; MZ20 Raspberry Pi Zero Power Controller for 	PIC12F675
; by NaO <docomo@naoya.net>

list      p=12f675           ; list directive to define processor
#include         ; processor specific variable definitions

__CONFIG   _CP_OFF & _CPD_OFF & _BODEN_OFF & _MCLRE_OFF & _WDT_OFF & _PWRTE_ON & _INTRC_OSC_NOCLKOUT 


CBLOCK	 H'20'
CNT1
CNT2
CNT3
ENDC
	
; for EEPROM(memo)
ORG	0x2100
DE	"MZ20_PiZero_PWR Version 0.02 2016/02/04 14:40"

ORG	0x000
GOTO	SETUP

SETUP
 	BSF	STATUS,RP0	; Select Bank 1
	MOVLW	B'00001000'	; GP3だけ、入力
	MOVWF	TRISIO
	CLRF	ANSEL		; DIGITAL I/Oにセット
	BCF	STATUS,RP0	; Select Bank 0

 	MOVLW	H'07'		; コンパレータを使わない
 	MOVWF	CMCON
	BCF	INTCON,PEIE	; 周辺割り込みOFF

	CLRF	GPIO		; 全I/O クリア

	BSF	GPIO,2		; GPIO.2 LED点灯

	CALL	TIM1SEC		; 5sec wait
	CALL	TIM1SEC
	CALL	TIM1SEC
	CALL	TIM1SEC
	CALL	TIM1SEC

	BCF	GPIO,2		;GPIO.2 LED消灯

	CALL	TIM1SEC		; 2sec wait
	CALL	TIM1SEC

CHECK0
	BTFSC	GPIO,3		; 電源チェック Low(On)だったら
	GOTO	SUSPEND

MAIN
	BSF	GPIO,1		; Relay ON
	BSF	GPIO,0		; Status-LED ON

MAIN1
	BTFSS	GPIO,3		; 電源をチェック High(Off)だったらスキップ
	GOTO	MAIN1		; Lo(On)だったら、MAIN1へ

	CALL	TIM1SEC		; 4sec wait
	CALL	TIM1SEC
	CALL	TIM1SEC
	CALL	TIM1SEC
	
	BTFSS	GPIO,3		; 電源をチェック High(Off)だったらスキップ(ほんとにoff)
	GOTO	MAIN1

SUSPEND
	BCF	GPIO,1		;Realy Off
	BCF	GPIO,0		;Status-LED Off

SUSPEND1
	BSF	GPIO,2		;GPIO.2 LED点灯
	CALL	TIM1SEC
	BCF	GPIO,2		;GPIO.2 LED消灯
	CALL	TIM1SEC
	BTFSC	GPIO,3		;電源チェック Lo(On)だったらスキップ
	GOTO	SUSPEND1

	CALL	TIM1SEC
	CALL	TIM1SEC
	CALL	TIM1SEC
	CALL	TIM1SEC
	CALL	TIM1SEC
	CALL	TIM1SEC
	
	BTFSC	GPIO,3		;電源チェック Lo(On)だったらスキップ(ほんとにOn)
	GOTO	SUSPEND1
	GOTO	MAIN

; 約500μsec wait (クロック = 4MHz)
Wait500_4MHz
	MOVLW	D'164'
	MOVWF	CNT1
Wait500_4MHzLoop
	DECFSZ	CNT1,F
	GOTO	Wait500_4MHzLoop
	RETURN
; 0.1sec Wait
TIM100
	MOVLW	d'199'
	MOVWF	CNT2
TIMLP2
	CALL	Wait500_4MHz
	NOP
	NOP
	DECFSZ	CNT2,F
	GOTO	TIMLP2
	RETURN			;
; 1secWait
TIM1SEC
	MOVLW	d'10'
	MOVWF	CNT3		;100msec * 10(about)
TIMLP3
	CALL	TIM100
	DECFSZ	CNT3,F
	GOTO	TIMLP3
	RETURN

	END

ステアリングパッドLCD(その2)

ステアリングパッド、3.5インチLCD埋め込みの巻(その2)

化粧パネルをレーザー加工してきました。

20160203_001523

ヤスリ掛けして、プライマー吹付ました。

あとは、艶消しブラウンで塗装です

20160204_082505

塗ってみたけど、ちょっと、明るいかも。。もう少し濃いブラウン入手せねば。。^^;

 

お次は、電源制御回路作成

回路図は、こんな感じ↓

RpiZero_Power

  • 12V(Acc)をレギュレーターに入力し、3.5Fなキャパシターで充電。
  • PIC12F675で、リレーの制御
    • Acc On後、3秒後に、Realy-On→Raspbery Pi Zeroへ電源供給
    • Accがoffになるまで待機
    • Acc Off後、4秒後に、Relay-Off→Raspberry Pi Zero shutdown
    • Accがonになるまで待機
    • 最初に戻る。
    • 途中で、キャパシターが空になったら、PICはそのままsleep (笑)

で、作ってみた。 (参考: ソース)

20160203_230233

  • 緑色LED点灯:Relay-On
  • 青色LED点滅:Relay-Off 待機モード
  • 白色LED点灯:キャパシター電圧が2Vくらいまで落ちるまでは点灯(まぁ、おまけLEDです)

Raspberry Pi Zeroつないだとこ。

20160203_233200

↓ステアリングパッドへのマウントイメージ

20160204_005029

ちなみに、消費電流は、190mA~250mA程度でした。(Raspberry Pi Zero+3.5inch-LCD+WiFi)

20160201_233950

続く。。