車載PCメンテナンス

Fedora Core 2 ベースの車載PCですが、
立ち上げ時間短縮のため、いろいろチューンしています。

  • M/Bの変更
    EPIA SP-13000 → EPIA EN-15000
  • メモリの変更(M/B変更に伴い)
    DDR PC2700 512MB → DDR2 PC4300 1GB
  • ブートデバイスの変更
    2.5″ PATA 30GB-HDD → 2.5″ SATA 80GB-HDD(FUJITSU)
  • rc.sysinitシェイプアップ
    前回より更に不要部分削除
  • Kernel Version UP
    2.6.11 → 2.6.16.13
  • アプリケーションの再コンパイル(RPMパッケージのリビルド)
    i686オプション付でリビルド
    部分的にはfc4のSRPMSを流用

結果ですが、

電源ON->grub: 約3.5秒
grub→音楽スタート: 約24秒

ということで、30秒きることができました。

ちなみに、前回は。。。
> 電源ON→BEEP音: 約2.5秒
> BEEP音→grub: 約10秒
> grub→音楽スタート: 約26秒

前回からは、約10秒短縮できましたが、ソフトウェアチューン部分はあまり発揮できなかったですね。
SP-13000→EN-15000が一番効いています。
# FSBのUP,DDR→DDR2がかなり効いた感じっす。IPLの時間が結構短縮されました。

これ以上は、init関連を完全に自前するしかないかな。
ま、今時のHDDナビの性能位にはなったので、良しとしましょう。^^;