カテゴリー別アーカイブ: 工作

トランクルーム リニューアル

NaO10号の、トランクルームリニューアルです。

注文していた、棚が届いたので、さっそく開梱して、背面板を撤去(w

次に、mz20mon-tinkerのケースリプレース!

前のやつより、一回り大きくなりました。

今回のメインの目的ですね。

mz20mon-tinkerの放熱性を上げるため、ケースを大きくすることにしたのですが、そうすると、トランクの棚に入らなくなる。
なので、棚も大きくしました。。。^^;

でもって、いろいろ撤去!


↑引退した、棚

新しい棚にします~

耐震マットとか買いに、ダイソーへ。

いろいろ固定!

だいたい完成です!

内装戻します~

まだ、途中ですが、完成!!

車内LAN用スイッチングハブ電源回路改善

車内LAN用のスイッチングハブは、5Vアダプタな電源仕様なやつですが、車載PCのUSBポートから直接電源にぶち込んでました。

が、しかし、たまーに、正常に起動せず(ループ検知ループしたり、ポートリンクアップしなかったり)してたので、おそらく、USBバスパワーの容量不足だったのかなとw

というわけで、ちゃんと、DC/DCコンバータ&リレー経由で、電源を作成することに。

まずは、回路!

まぁ、単なる1C接点リレー経由にしただけ。

DC/DCコンバータは、これ↓

ケースとリレーとか買いに、秋葉へ!

スイッチも、5ポートなやつを新調!↓

リレーは、これ↓

まずは、工作!

できたので、テスト!

問題なさそう!

というわけで、車載!

うまくいきました。

もとの8ポートなコは引退~

部屋で使います(w

 

mz20mon-tinker その3

mz20mon-tinker、メンテ続きます。。。

dwc2のエラー出まくりが気持ち悪いので、USB-HUBをケースの中に内蔵し、USB-LTE-ModemとUSB-WiFiの両方をUSB-HUB経由の接続に変えました。

[root@mz20mon-tinker tmp]# lsusb -t
/:  Bus 03.Port 1: Dev 1, Class=root_hub, Driver=ehci-platform/1p, 480M
    |__ Port 1: Dev 2, If 0, Class=Audio, Driver=snd-usb-audio, 480M
    |__ Port 1: Dev 2, If 1, Class=Audio, Driver=snd-usb-audio, 480M
    |__ Port 1: Dev 2, If 2, Class=Audio, Driver=snd-usb-audio, 480M
    |__ Port 1: Dev 2, If 3, Class=Audio, Driver=snd-usb-audio, 480M
    |__ Port 1: Dev 2, If 4, Class=Audio, Driver=snd-usb-audio, 480M
    |__ Port 1: Dev 2, If 5, Class=Audio, Driver=snd-usb-audio, 480M
    |__ Port 1: Dev 2, If 255, Class=Human Interface Device, Driver=usbhid, 480M
/:  Bus 02.Port 1: Dev 1, Class=root_hub, Driver=dwc2/1p, 480M
/:  Bus 01.Port 1: Dev 1, Class=root_hub, Driver=dwc2/1p, 480M
    |__ Port 1: Dev 2, If 0, Class=Hub, Driver=hub/4p, 480M
        |__ Port 3: Dev 3, If 0, Class=Mass Storage, Driver=usb-storage, 480M
        |__ Port 4: Dev 4, If 0, Class=Hub, Driver=hub/4p, 480M
            |__ Port 3: Dev 8, If 0, Class=Communications, Driver=cdc_ether, 480M
            |__ Port 3: Dev 8, If 1, Class=CDC Data, Driver=cdc_ether, 480M
            |__ Port 4: Dev 5, If 0, Class=Vendor Specific Class, Driver=rtl8812au, 480M

こんな感じ!
Bus 01.Port 1(Root-Hub) → Port 4(USB-HUB) → Port3:LTE-Modem, Port4:WiFi

これで、少し、静かになったかなと。

続く。

mz20monリプレース〜の大黒 (9/2)

mz20mon-tinkerの準備がだいたい整ったので、車載のmz20monとリプレースを決行

まずは、中身入れ替え!

で、ケース閉じたとこ!

中身(OSとか)の調整してたら朝になっちゃった。

ちょろっと落ちたのち、大黒へ行こうかなと思った時。。

mz20mon-tinkerに繋がらない。。。

うーむ。オンボードのwifi接続が切れてるね。。。

iwlist scanしても、ap見つからないし。

dmesgすると。。

[ 9148.266217] ————[ cut here ]————
[ 9148.266383] WARNING: CPU: 2 PID: 575 at drivers/net/wireless/rockchip_wlan/rtl8723bs/core/rtw_mlme.c:2484 rtw_sta_mstatus_report+0x58/0x5c [8723bs]()
[ 9148.266395] Modules linked in: rtl8812au xt_conntrack 8723bs rtc_ds1307 [last unloaded: rtl8812au]
[ 9148.266432] CPU: 2 PID: 575 Comm: ifconfig Not tainted 4.4.103+ #1
[ 9148.266441] Hardware name: Rockchip (Device Tree)
[ 9148.266475] [<c010fe68>] (unwind_backtrace) from [<c010bae4>] (show_stack+0x20/0x24)
[ 9148.266498] [<c010bae4>] (show_stack) from [<c050b28c>] (dump_stack+0x84/0xa0)
[ 9148.266519] [<c050b28c>] (dump_stack) from [<c011df54>] (warn_slowpath_common+0x98/0xc4)
[ 9148.266537] [<c011df54>] (warn_slowpath_common) from [<c011e03c>] (warn_slowpath_null+0x2c/0x34)
[ 9148.266691] [<c011e03c>] (warn_slowpath_null) from [<bf01e4a0>] (rtw_sta_mstatus_report+0x58/0x5c [8723bs])
[ 9148.267012] [<bf01e4a0>] (rtw_sta_mstatus_report [8723bs]) from [<bf066040>] (cfg80211_rtw_disconnect+0x64/0xac [8723bs])
[ 9148.267200] [<bf066040>] (cfg80211_rtw_disconnect [8723bs]) from [<c0b6201c>] (cfg80211_disconnect+0x144/0x210)
[ 9148.267223] [<c0b6201c>] (cfg80211_disconnect) from [<c0b37f2c>] (__cfg80211_leave+0xe8/0x128)
[ 9148.267243] [<c0b37f2c>] (__cfg80211_leave) from [<c0b37fa0>] (cfg80211_leave+0x34/0x40)
[ 9148.267261] [<c0b37fa0>] (cfg80211_leave) from [<c0b38178>] (cfg80211_netdev_notifier_call+0x1cc/0x59c)
[ 9148.267280] [<c0b38178>] (cfg80211_netdev_notifier_call) from [<c013bd44>] (notifier_call_chain+0x50/0x78)
[ 9148.267298] [<c013bd44>] (notifier_call_chain) from [<c013bea4>] (raw_notifier_call_chain+0x28/0x30)
[ 9148.267319] [<c013bea4>] (raw_notifier_call_chain) from [<c0941210>] (call_netdevice_notifiers_info+0x54/0x64)
[ 9148.267340] [<c0941210>] (call_netdevice_notifiers_info) from [<c0941240>] (call_netdevice_notifiers+0x20/0x28)
[ 9148.267359] [<c0941240>] (call_netdevice_notifiers) from [<c0941358>] (__dev_close_many+0x5c/0xcc)
[ 9148.267376] [<c0941358>] (__dev_close_many) from [<c09414e8>] (__dev_close+0x38/0x50)
[ 9148.267395] [<c09414e8>] (__dev_close) from [<c09494e0>] (__dev_change_flags+0x9c/0x140)
[ 9148.267412] [<c09494e0>] (__dev_change_flags) from [<c09495ac>] (dev_change_flags+0x28/0x58)
[ 9148.267431] [<c09495ac>] (dev_change_flags) from [<c0a206b0>] (devinet_ioctl+0x300/0x674)
[ 9148.267448] [<c0a206b0>] (devinet_ioctl) from [<c0a22124>] (inet_ioctl+0xd0/0x100)
[ 9148.267467] [<c0a22124>] (inet_ioctl) from [<c092b4e8>] (sock_ioctl+0x270/0x2c0)
[ 9148.267489] [<c092b4e8>] (sock_ioctl) from [<c0245414>] (do_vfs_ioctl+0x5b0/0x690)
[ 9148.267507] [<c0245414>] (do_vfs_ioctl) from [<c0245550>] (SyS_ioctl+0x5c/0x84)
[ 9148.267525] [<c0245550>] (SyS_ioctl) from [<c01072c0>] (ret_fast_syscall+0x0/0x3c)
[ 9148.267536] —[ end trace ff38b8ef69aa49ad ]—

こんなん出てますた。。

まぁ、WiFiドライバのbugっすね。。

つーわけで、オンボードは諦めて、USBドングルで行くことに。ヨドバシの店頭受取で注文して、とりあえず、大黒へ!

大黒は、6+2台くらいですた。

帰りに、ヨドバシakibaに寄って、USB WiFiアダプタと、WiFiルータ買ってきますた。

家に帰って、早速ごにょごにょしてたけど。。。

なかなかうまく行かないねー。

USB WiFiアダプタを、root hub直下に挿すと、

[ 5432.223706] dwc2 ff540000.usb: dwc2_hc_chhltd_intr_dma: Channel 12 – ChHltd set, but reason is unknown
[ 5432.232170] dwc2 ff540000.usb: hcint 0x00000002, intsts 0x06600029
[ 5432.510764] dwc2 ff540000.usb: dwc2_hc_chhltd_intr_dma: Channel 3 – ChHltd set, but reason is unknown
[ 5432.519223] dwc2 ff540000.usb: hcint 0x00000002, intsts 0x06600009
[ 5432.665691] dwc2 ff540000.usb: dwc2_hc_chhltd_intr_dma: Channel 13 – ChHltd set, but reason is unknown
[ 5432.674145] dwc2 ff540000.usb: hcint 0x00000002, intsts 0x04600009
[ 5432.682477] dwc2 ff540000.usb: dwc2_update_urb_state_abn(): trimming xfer length
[ 5432.744629] dwc2 ff540000.usb: dwc2_update_urb_state(): trimming xfer length
[ 5433.086668] dwc2 ff540000.usb: dwc2_hc_chhltd_intr_dma: Channel 2 – ChHltd set, but reason is unknown
[ 5433.095126] dwc2 ff540000.usb: hcint 0x00000002, intsts 0x04600009
[ 5433.534718] dwc2 ff540000.usb: dwc2_hc_chhltd_intr_dma: Channel 14 – ChHltd set, but reason is unknown
[ 5433.543179] dwc2 ff540000.usb: hcint 0x00000002, intsts 0x04600009
[ 5435.723651] dwc2 ff540000.usb: dwc2_hc_chhltd_intr_dma: Channel 2 – ChHltd set, but reason is unknown
[ 5435.732111] dwc2 ff540000.usb: hcint 0x00000002, intsts 0x06600029
[ 5436.110721] dwc2 ff540000.usb: dwc2_hc_chhltd_intr_dma: Channel 3 – ChHltd set, but reason is unknown
[ 5436.119424] dwc2 ff540000.usb: hcint 0x00000002, intsts 0x04600009
[ 5436.444688] dwc2 ff540000.usb: dwc2_hc_chhltd_intr_dma: Channel 12 – ChHltd set, but reason is unknown
[ 5436.453149] dwc2 ff540000.usb: hcint 0x00000002, intsts 0x04600009
[ 5436.461483] dwc2 ff540000.usb: dwc2_update_urb_state_abn(): trimming xfer length
[ 5436.478706] dwc2 ff540000.usb: dwc2_hc_chhltd_intr_dma: Channel 7 – ChHltd set, but reason is unknown
[ 5436.487140] dwc2 ff540000.usb: hcint 0x00000002, intsts 0x06600029
[ 5436.495471] dwc2 ff540000.usb: dwc2_update_urb_state_abn(): trimming xfer length
[ 5437.166692] dwc2 ff540000.usb: dwc2_hc_chhltd_intr_dma: Channel 6 – ChHltd set, but reason is unknown
[ 5437.175138] dwc2 ff540000.usb: hcint 0x00000002, intsts 0x04600009
[ 5437.183474] dwc2 ff540000.usb: dwc2_update_urb_state_abn(): trimming xfer length
[ 5437.255693] dwc2 ff540000.usb: dwc2_hc_chhltd_intr_dma: Channel 12 – ChHltd set, but reason is unknown
[ 5437.264166] dwc2 ff540000.usb: hcint 0x00000002, intsts 0x04600009
[ 5437.272520] dwc2 ff540000.usb: dwc2_update_urb_state_abn(): trimming xfer length
[ 5438.604662] dwc2 ff540000.usb: dwc2_hc_chhltd_intr_dma: Channel 0 – ChHltd set, but reason is unknown
[ 5438.613139] dwc2 ff540000.usb: hcint 0x00000002, intsts 0x04600009
[ 5438.621496] dwc2 ff540000.usb: dwc2_update_urb_state_abn(): trimming xfer length
[ 5438.790725] dwc2 ff540000.usb: dwc2_hc_chhltd_intr_dma: Channel 11 – ChHltd set, but reason is unknown
[ 5438.799202] dwc2 ff540000.usb: hcint 0x00000002, intsts 0x04600009
[ 5438.807564] dwc2 ff540000.usb: dwc2_update_urb_state_abn(): trimming xfer length
[ 5441.495612] dwc2 ff540000.usb: dwc2_update_urb_state(): trimming xfer length

なエラーが出まくります。。。

試行錯誤の末、USB-Hubかましたら無事解決w

USB-OTGドライバのbugかなー。。^^;

しばらくコレで様子を見ます

続く〜

ボンネットフードインシュレータを作ってみた その2

前に作ったやつは、粘着テープ部は剥がさず、そのままエッジ処理したのですが、熱で、エッジ用テープがビロビロになっちゃったため、2枚貼り合わせてちゃんとエッジ処理することに。

で、7mmなやつに、貼り合わせたとこ。

それから、カットしますヨ

エッジ処理して〜

完成!

5mm+7mmで、計12mmでちょっと厚くなっちゃったけど、クリップ、カチッととまったからOKかな!

10号、ボンネットフードインシュレータを作ってみた。

ちょっと前に断熱マットを入手してたので、ボンネットフードのインシュレータを作ってみた!
ついてるインシュレータがあまりにもボロボロで汚かったので。。。

↓断熱マット

まずは、元のインシュレータ外して〜

型取りして〜

型取りできました!

カットして〜

クリップの穴開けと、ざっくりエッジ処理して、完成!

取り付けますヨ!
ざっくりボンネット側もキレイにして、、クリップ止め!

いい感じ!

シフトパネル&シフトブーツリプレース

シフトブーツが届いたので、前回レーザーカットしたシフトパネルのTEMSスイッチ廻りメクラ蓋(→参照)と併せてい取付!

シフトブーツは、センターコンソールの蓋のカバーと、サイドブレーキカバーと同じ業者に発注したやつです!

これで、3点揃います!!

まずは、ストックの中途半端に穴だらけ(電圧計とかマウントしてたやつ)になったシフトパネルへ、新調したシフトブーツを取り付け!

金属の枠に、ずれない様にビスとナットで仮固定した上で、コニシボンドG17で貼りまくり!!

でもって、だいたい乾いたのでパネルへ固定!!

パネルの穴だらけ部分には、メクラパネルを貼り付け!!
左側の丸いのはオルタネイティヴスイッチ(用途未定w)、右側の丸いのは、赤外線受光部をマウントする穴。


左側:既存のパネル&ブーツ(パネル上部は割れて無くなってます。。)、右側:今回作成したやつ!!

赤外線受光部も移植したので、10号へマウントしますー。

いい感じ?

3点お揃になりました〜

メクラパネル部分もいい感じかなー

以上!

ルーフモニタ その4 (1.8″→3.2″)

オーストラリアから、3.2インチTFTモニタが届いたので、リプレースすることに。

まずは、ABS樹脂をcoromozaでレーザーカット!

そんでもって、ヤスリがけ!

細長いのは、シフトパネルのTEMSスイッチのところのめくら蓋に!

そんでもって、塗装行くよ!

プライマー吹いて〜

シフトパネル用のパーツは、マッドブラック吹いて〜

ルーフモニタ化粧パネルは、レッドブラウン吹いて〜

マッドブラック乾いてきたヨ!

化粧パネル2回目のレッドブラウン!

こちらも乾いてきた!

塗装は終了!

次は台座加工。

既存の枠もカットカット!

貼り付け!

いい感じじゃない?

では、Raspberry Pi Zero Wに、OS入れて〜LCDのドライバー入れて〜

実車マウント!

いいねー

3.2インチバージョンは一旦完成!

あとは、ここで何をやらせるかが問題なんですねー。(w

続く〜

ルーフモニタ&スイッチ その3 & AZ号復活

AZ号の作業が完了したとのことなので、受取に!

復活です!

帰宅後、10号作業の続き!

電圧電流計配線して、エーモンの2924(LEDランプ)を、パネルへ貼り付けて、固定!
先に付けた怪しいルームランプは後部席真下くらいしか明るくないので、やっぱりマップランプ的なものを付けたくて、エーモンの2924を試した感じです。

いい感じ?

電流計の配線もしたけど、計れてないすねー。
車載PCのGNDラインにシャント抵抗をかましたのですが、おそらく、USB機器やその他GNDが、バッテリーマイナス(ボディアース)に直繋がってるので、これが原因かなーと。
単独GNDな機器の測定しか無理かもですねー。
まぁ、とりあえずはネタなので良しとしますか。

↑スピーカーのとこに、スポンジ的なものを入れて見てくれもよくなりました。(w

とりあえずバージョンは、完成!

続く〜

ルーフモニタ&スイッチ その2 & AZ号ピットイン

AZ号ピットインのため、部品受取待ちの間に、工作の続きを。

まずは、電子コンビ用サウンダーのスピーカーをリプレース。

エアピュリのスモークセンサーのところに。

仮付けしてみたところ。

頭上から音が!いい感じ!でも、ちょっと、ボリュームが大きいですねー。

今までは、運転席下に置いてたので、結構ボリューム大きくしてたので。

そんなわけで、ボリューム調整!↑サウンダーのメイン基板。

そうこうしているうちに、荷物が届いたので、美女木の秋元自動車工業へ!

AZ号を預けてきました。

↓代車の4WD,ATなzest

帰宅後、作業の続き。

ルーフガーニッシュ外して、電源回路&配線追加&スピーカー本固定。

電源は、ルームランプヒューズ(20A)系統から。

エーモンリレーでACC連動、5V/5AなDC-DCコンバータも。

DC-DCコンバータは、サンルーフモーターに貼り付け。

干渉はしなさそう。

ピラー配線してー。

とりあえず、ルーフ配線は完了!


DC-DCコンバータ

サウンダーのチェック!

続く〜

久々の工作(ルーフモニタ&スイッチ)&大黒(5/6)

先日カットしたABSパネルを塗装。

まずは、プライマー吹いて〜、NATOブラウン吹いて〜。

ちょっと赤いですね〜(w

ま、そんなもんですw

でもって、大黒オフへ。

20ソアラは延べ10台くらいでしたかね。

帰宅後、再びパネル!

電圧電流計・1.8インチTFT-LCD・照光式プッシュスイッチをマウントして、マップランプスイッチのパネルへ固定!

なかなかいい感じ!

仮付けしてみた。

before

after

続く〜

久々にレーザーカット!@coromoza

レーザーカッターでカットしてもらうため明治神宮前へ。

coromozaでレーザーカッター!

アクリル 2.0mm
ABS 1.5mm
ABS 1.0mm
の計3枚カット!

帰宅後、仮付け!

照光式スイッチ、1.8インチTFTディスプレイ、電圧電流計、をマウント予定です〜

続く

Tinker Board Sを試すヨ

ASUS の Tinker Boardが、eMMC搭載で、新しく Tinker Board Sが発売されたので、試してみることに。

ツクモ12号店でゲット!

技適もOK!

とりあえず、Armbian for Tinker Boardを起動してみた。

普通に動きますね。

体感、Rpi3のそれよりかなりキビキビ動きますねー。

でもって、kernel/bootはそのまま、中身をFedora27に!!^^

SSDもつなげて、一通り構築。

  • Armbian 5.38 →  Fedora 27
    TinkerOS 2.0.4 → Fedora 27 (2/22変更)
  • /var,/usr/local等、ssdへ
  • systemd関連チューニング
  • WiringPI ライブラリ整備
  • i2c-tools関連整備
  • rpi2で使ってたi2cなデバイス実験
  • unixbench測定
     

結論、「コレはイイ!!

以下、比較。

Tinker Board S (mz20mon-tinker) Raspberry Pi2 (mz20mon) Banana Pi M2-Ultra (mz20mon-bpi仮)
SoC Rockchip RK3288 Broadcom BCM2836 Allwinner R40
CPU ARM Quad-Core Cortex-A17 CPU /1.8GHz ARM Quad-Core Cortex-A7 CPU/900MHz ARM Quad-Core Cortex A7 CPU
GPU ARM Mali-T760 MP4 GPU Broadcom VideoCore IV  MALI-400 MP2 @ 500MHz
Memory Dual-CH LPDDR3 2GB  LPDDR2 SDRAM 1GB 2GB DDR3 SDRAM (shared with GPU)
Storage eMMC 16GB,microSD-Slot microSD-Slot eMMC 8GB,microSD-Slot,SATA-I/F
Ethernet RTL8211E-VB-CG GbE-LAN  LAN9514 10/100Mbps Realtek RTL8211E/D GbE-LAN
WiFi/BT 802.11 b/g/n wireless & BT 4.0 + EDR 802.11 b/g/n (AP6212) & BT4.0 (AP6212)
USB 4 x USB 2.0 ports  4 x USB 2.0 ports 2 x USB 2.0 ports
Pin-Header 1 x 40-pin headers includes:
– up to 28 x GPIO pins
– up to 2 x SPI bus
– up to 2 x I2C bus
– up to 4 x UART
– up to 2 x PWM
– up to 1 x PCM/I2S w/ Slave Mode support
– 2 x 5V power pins
– 2 x 3.3V power pins
– 8 x ground pins
1 x 2-pin Power-on header
1 x 2-pin eMMC recovery header
1 x 40-pin headers includes:
– up to 28 x GPIO pins
– up to 1 x SPI bus
– up to 1 x I2C bus
– up to 1 x UART
– up to 1 x PWM
– 2 x 5V power pins
– 2 x 3.3V power pins
– 8 x ground pins
 1 x 40-pin headers includes:
– up to 28 x GPIO pins
– up to 1 x SPI bus
– up to 1 x I2C bus
– up to 1 x UART
– up to 1 x PWM
– 2 x 5V power pins
– 2 x 3.3V power pins
– 8 x ground pins
OS,Kernel Fedora 27 / kernel-4.4.71+ Fedora 24 / kernel-4.4.30-v7+ Fedora 26 / kernel-3.10.108-BPI-M2U
I2C winringPI,i2c-tools,i2c-tools-python OK winringPI,i2c-tools,i2c-tools-python OK winringBP,i2c-tools,i2c-tools-python OK
SSD via USB-2.0 via USB-2.0 SATA-Native
 Unixbench 924.0 440.7 334.7

Tinker BoardのGPIO

memo
  • /dev/ttyS1 → UART1
  • /dev/ttyS2 → UART2 ※PWMに使うので、UARTはoff
  • /dev/ttyS3 → UART3
  • /dev/ttyS4 → UART4
  • /dev/ttyS0 → BT用?

2/23追記

eMMCへの構築完了。tinker osのみ対応のため、tinker osを構築後、fedora27化を実施。

kernelは、4.3.71+

MH22S用 HIDプロジェクターヘッドライトユニット その2

例のHIDプロジェクターですが、配線がだいたいできたので、交換します!

まずは、グリル&バンパー外して〜

左側から作業開始!ていうか、途中の写真撮るの忘れました。^^;

いい感じ!!

テストですよ

うまくいったので、バンパー戻すよ!

良いですね〜

目玉がつきました!!

回路的には、こんな感じ↓

mz20mon 電源逝ったョ >< (その2)

電源届いたので修理開始。

で、修理中、いろいろ確認したところ、以前作製した、LTEモデム用USB電源コントロールの♀コネクタ線のハンダがとれて中でぷらーんとしてました。

電源壊れた原因はコイツだ!!

5Vラインと、データ(-)が取れてました。おそらく、5Vとデータ(-)がショートして、過電流により電源終了。。かと。^^;

ちゃんと半田付けしなおして、しっかり固定しました。これで、もう、大丈夫かなと。

↑モデムも死んでなかったです。^^

そんなこんなで、修理は無事完了。

そして、車載完了。

mz20mon 電源逝ったョ ><

昨夜(7/20)、3rdバッテリーの状況確認がてらちょっと充電しようと10号を動かしたのだけれども、、

mz20monの様子がおかしい!?

とりあえず、外して、診断!

部屋で、DCジャックに12Vぶち込むと。。。

フロントのパイロットLEDは点灯する(12Vラインから直)。

でも、

rpi2は、微動だにしない。。

電源(12V→5VのDC/DCコンバーター)がおなくなりになりました。。。

orz.

とりあえず、別のUSB電源から給電し、rpi2自体問題ないか確認。

ちゃんと、上がりました〜

電源だけっすねー

しかたないので、↓コレぽちりました。^^;

続く〜

mz20monにファンを追加するョ (その3)

お次は、ケース外側も冷やすョ!の巻

ペルチェとヒートシンクを仕入れました。

↓こんな感じで制御予定ですー

ペルチェにヒートシンク付けてそれにファンも付けてそいつをケース外側に貼り付けます。
ヒートシンクとファンの間にはサーミスタ入れて、ファンの制御します。
ペルチェもファンもPWM制御。
外部からのコントロールはMQTT(WROOM-02のwifi経由)で

続く〜

mz20monにファンを追加するョ (その1)

新mz20monですが、新ケースにしてから、システム温度が結構上がってきてて、今日の昼間の炎天下では、70℃超えました。。。(もちろん、トランクの中)

というわけで、ファンを追加することに!

まずは、ちっこい穴と大きい穴をあけてー

リーマーで広げてー、ヤスリで削ってー

2.5cm角 5V/max50mAのファンを付けてー

GPIO配線してー。

↓今回の回路

テストしてー

ケースに組み込みました!

そんでもって、早速車載。

効果あるとよいな。

とりあえず、エンジン状態連動で、ファンを制御してます。

そのうち、システム温度とも連動させます。

GPIO18でPWM制御してます。

続く〜

オフ会モード(その6)

オフ会モード検知のmz20mon側を整備!

GPIOのinputモードがうまく動作しなく悩んでいたのが解決方法がわかったので本番作業。

GPIO26番に、オフ会モード入力ピンを接続(オフ会モード時にGNDに落ちる線)

↓回路図(再掲)

内部プルアップし、値を読み込みたかったのですが、内部プルアップができなかった。

wiringPIのgpioコマンドで

# gpio mode 26 in
# gpio mode 26 up

とやっても、うまくいかなかった。

実は、オプションに、-gをつける必要がありました。
# -gは、BCM_GPIOピン番号でした。-gなしは、wiringPIのGPIO番号らしく、gpio readallで対応はわかるそうで。
# ちなみに、pull-up/downの設定以外は、shellから/sys/class/gpio/〜の操作でいけます。

# gpio -g mode 26 in
# gpio -g mode 26 up

でうまくいきました〜

初期化シェルは、こんな↓感じ。

#!/bin/bash

## for INPUT
gpios='18 24 25 26 19 13 23'

for arg in $gpios ; do
 echo $arg > /sys/class/gpio/export
 echo 0 > "/sys/class/gpio/gpio${arg}/active_low"
 /usr/local/bin/gpio -g mode ${arg} in
 /usr/local/bin/gpio -g mode ${arg} up
done

## for OUTPUT
gpios='16 20 21 12'

for arg in $gpios ; do
 echo $arg > /sys/class/gpio/export
 echo out > "/sys/class/gpio/gpio${arg}/direction"
 echo 0 > "/sys/class/gpio/gpio${arg}/value"
done

というわけで、chkプログラムの動作確認。

ちゃんとGPIO26の値取得できました。

作業終了〜

以上!

オフ会モード・ソーラーパネル編 (その6) & 平和島臨時オフ 2017-7-8

新チャージコントローラーを箱詰め!

一緒に、オフ会モード検知回路とチャージコントローラー電源制御回路も詰め合わせ!

↑テスト〜

7seg表示部の窓穴は手抜きです(w

ラベル貼ればそれっぽく?(w

夜は、緊急臨時オフを平和島PAで。(^^;

待ってる間に、新パネル(4枚Ver.)の配線張替え。

パネル→Cピラーのとこの配線が、0.1sq*1ペアだったので、こいつを、0.2sq*2ペアに!

でもって、接続!

夜中につき、テスト不可能(w

ちなみに無負荷電圧測定したら、2.4Vくらい(w

そうこうしているうちに、いつものメンバーが。

計5台+1台。写真は、4台+1台。^^;

続く〜 (←ソーラーパネルのおはなし)

オフ会モード・ソーラーパネル編 (その5)

昨日作った4枚Verは、

こいつを4枚ゲットして、中身のパネルだけくり抜いて、くっつけたVersion.

でもって、ちゃんと固定してみた。

ルーフのサイドガーニッシュが干渉するので外したのですが、外す時、バキっ!と。(^^;

経年劣化で樹脂がボロボロになってました。さくっと割れました。
まぁ、サンルーフはもう開けないし、サンシェード閉めてるので見えないのでOKです(w

でもって、パネル貼り付け!

上から見ると。

いい感じすね!

中から見ると〜

何もナーイw

続く。