カテゴリー別アーカイブ: 一般

NanoPC-T4 を試すヨ (その3)

オンボードのWiFi-NIC(wlan0)その後

  • ifconfig wlan0 down しちゃうと、wpa_supplicantでエラー出続ける。
  • そもそも、不安定。
  • shutdown時、かなりの確率でkernel-panic

というわけで、やはり、kernelをちゃんとビルドしよう。

docs.armbian.com/Developer-Guide_Build-Preparation/

↑これを参考に、kernelチューニングしてイメージをビルドすることに。

kernel変更箇所

  • そもそも元のソースが最新版出てた! linux-4.4.174-rk3399_5.75_arm64 → linux-4.4.176-rk3399_5.76_arm64
  • config削除箇所
    • CONFIG_IPV6
    • CONFIG_WIFI_LOAD_DRIVER_WHEN_KERNEL_BOOTUP
    • CONFIG_AP6XXX
      • ↑こいつがオンボードのWiFiのドライバ。デフォでは、モジュールでなくkernel組み込みでビルドされてるので厄介。なので、さくっと削除!(W

そして、uBootパラメタもちょっと変更

  • console=display

SDカードに反映して、boot!

うまくいったヨ!!

wlan0は無事認識しなくなりました(w
ついでに、IPv6も、いなくなりました(w

# uname -a
Linux mz20mon-nanopct4 4.4.176-rk3399 #5 SMP Wed Feb 27 23:40:40 JST 2019 aarch64 aarch64 aarch64 GNU/Linux
# ifconfig 
eth0: flags=4099<UP,BROADCAST,MULTICAST>  mtu 1500
        inet 192.168.3.246  netmask 255.255.255.0  broadcast 192.168.3.255
        ether 0e:46:74:29:84:cb  txqueuelen 1000  (Ethernet)
        RX packets 0  bytes 0 (0.0 B)
        RX errors 0  dropped 0  overruns 0  frame 0
        TX packets 0  bytes 0 (0.0 B)
        TX errors 0  dropped 0 overruns 0  carrier 0  collisions 0
        device interrupt 24  

lo: flags=73<UP,LOOPBACK,RUNNING>  mtu 65536
        inet 127.0.0.1  netmask 255.0.0.0
        loop  txqueuelen 1  (Local Loopback)
        RX packets 1580  bytes 136257 (133.0 KiB)
        RX errors 0  dropped 0  overruns 0  frame 0
        TX packets 1580  bytes 136257 (133.0 KiB)
        TX errors 0  dropped 0 overruns 0  carrier 0  collisions 0

wlan1: flags=4163<UP,BROADCAST,RUNNING,MULTICAST>  mtu 1500
        inet 192.168.129.10  netmask 255.255.255.0  broadcast 192.168.129.255
        ether 60:84:bd:5a:31:8c  txqueuelen 1000  (Ethernet)
        RX packets 3160  bytes 397202 (387.8 KiB)
        RX errors 0  dropped 1  overruns 0  frame 0
        TX packets 2393  bytes 732946 (715.7 KiB)
        TX errors 0  dropped 0 overruns 0  carrier 0  collisions 0
# ethtool -i wlan1
driver: rtl88xxau
version: 
firmware-version: 
expansion-rom-version: 
bus-info: 3-1:1.0
supports-statistics: no
supports-test: no
supports-eeprom-access: no
supports-register-dump: no
supports-priv-flags: no

dmesg/journalctl共に静かになりました。

USB-NICもONにしたときの、lsusb

# lsusb -t
/:  Bus 06.Port 1: Dev 1, Class=root_hub, Driver=ohci-platform/1p, 12M
    |__ Port 1: Dev 2, If 0, Class=Vendor Specific Class, Driver=ftdi_sio, 12M
/:  Bus 05.Port 1: Dev 1, Class=root_hub, Driver=ehci-platform/1p, 480M
/:  Bus 04.Port 1: Dev 1, Class=root_hub, Driver=xhci-hcd/1p, 5000M
/:  Bus 03.Port 1: Dev 1, Class=root_hub, Driver=xhci-hcd/1p, 480M
    |__ Port 1: Dev 2, If 0, Class=Hub, Driver=hub/4p, 480M
        |__ Port 3: Dev 3, If 0, Class=Vendor Specific Class, Driver=rtl88xxau, 480M
        |__ Port 4: Dev 9, If 0, Class=Vendor Specific Class, Driver=ax88179_178a, 480M
/:  Bus 02.Port 1: Dev 1, Class=root_hub, Driver=ohci-platform/1p, 12M
    |__ Port 1: Dev 2, If 0, Class=Vendor Specific Class, Driver=pl2303, 12M
/:  Bus 01.Port 1: Dev 1, Class=root_hub, Driver=ehci-platform/1p, 480M

続く〜

スマートロック化 (その3)

お次は、シャッターいきます。

まずは、リモコン分解!

ネジがトルクスねじなので、トルクスドライバーで!

分解完了〜

接点調査〜

接点引き出しますヨ〜

結局、タクトスイッチの足に半田付け〜

フォトカプラーに結線〜


回路は↑こんな感じで。

ラズパイに結線〜

クライアント(スマフォ)側

うまくいったヨ

続く〜

スマートロック化

一昨年(引越し直後)に取り付けたEasy Lockを遠隔操作できるように改造計画 その1 (笑)

※ EasyLock → https://www.hondalock-easylock.jp/

まずは、リモコン分解して、接点調査!

ロック側

アンロック側

そんでもって、接点引き出すよ!

リード線半田付けしたとこの図

後は、ラズパイかなんかで制御!!

続く〜

久々にレーザーカット!@coromoza

レーザーカッターでカットしてもらうため明治神宮前へ。

coromozaでレーザーカッター!

アクリル 2.0mm
ABS 1.5mm
ABS 1.0mm
の計3枚カット!

帰宅後、仮付け!

照光式スイッチ、1.8インチTFTディスプレイ、電圧電流計、をマウント予定です〜

続く

増尾会 (3/9)

柏某所で増尾会(w

恵比寿から、電車乗り継いで、増尾へ。

たかほさんは、案の定大遅刻(w

華屋与兵衛で宴〜

翌日、デニーズでモーニング。

TOMさんとたかほさんは、柏駅前のラーメン屋へ。

常磐線、京浜東北線、埼京線、国際興業バス、を乗り継いで、自宅へ。

車載PC9号(仮)構築 & ガレージ照明改善作戦 (その3)

先日、車載PCモニタを11.6インチ化したら、いろいろ思うところが出てきて、車載PCもリプレースしようかなと。
→ 詳細はこちら

で、パーツが揃ったので、構築開始!

M/Bは、ASRock H270M-ITX/ac、CPUは、Intel Core i5-7400T/2.4GHz(TDP:35W)

メインストレージは、NVMeなSSD(WD-Black 256GB、 メモリはDDR4-2133 16GB(8GB*2)

ケースは、SilverStone ML6

とりあえずは、Bench!

Bench中に、電流値チェック。

シングルコアでベンチ中:2.2A  (12V) 約26W
クアッドコアでベンチ中:3.0A (12V) 約36W
アイドル中: 1.3A (12V) 約16W

いい感じですね!

USBもいっぱい!

お次は、照明制御の続き。

SSRにIVケーブルを付けて、、

スイッチへ。

DC側のリード線は長めに。

スイッチ側は完了!

回路は書いてみたヨ。

続く〜

ガレージ照明改善作戦 (その2)

四隅の17mmソケットの電球も爆光なLEDに。ただし、左側(ソアラ側)のみ!

↑17mm→26mmの変換ソケットで、300W相当のLEDとうもろこし電球を。

明るいよ!!

いい感じ!

ダクトレール側のスイッチをリモート制御したく、秋月でSSRを入手。

↓スイッチ接点をコイツ↑で制御しようかと。

続く。

ガレージ照明改善作戦

ガレージの照明がイマイチなので、改善を!

ダクトレールに、学習型赤外線リモコンソケット経由でE26ソケットをつけ、鬼明るいLEDとうもろこし電球を導入!

↓リモコンソケット

↓LED 30Wとうもろこし電球(300W相当)

↓ LED 45Wとうもろこし電球(400W相当)

既存のダクトレールライト4つはとりあえずそのままで。

鬼明るくなりました!!!^^

Tinker Board Sを試すヨ

ASUS の Tinker Boardが、eMMC搭載で、新しく Tinker Board Sが発売されたので、試してみることに。

ツクモ12号店でゲット!

技適もOK!

とりあえず、Armbian for Tinker Boardを起動してみた。

普通に動きますね。

体感、Rpi3のそれよりかなりキビキビ動きますねー。

でもって、kernel/bootはそのまま、中身をFedora27に!!^^

SSDもつなげて、一通り構築。

  • Armbian 5.38 →  Fedora 27
    TinkerOS 2.0.4 → Fedora 27 (2/22変更)
  • /var,/usr/local等、ssdへ
  • systemd関連チューニング
  • WiringPI ライブラリ整備
  • i2c-tools関連整備
  • rpi2で使ってたi2cなデバイス実験
  • unixbench測定
     

結論、「コレはイイ!!

以下、比較。

Tinker Board S (mz20mon-tinker) Raspberry Pi2 (mz20mon) Banana Pi M2-Ultra (mz20mon-bpi仮)
SoC Rockchip RK3288 Broadcom BCM2836 Allwinner R40
CPU ARM Quad-Core Cortex-A17 CPU /1.8GHz ARM Quad-Core Cortex-A7 CPU/900MHz ARM Quad-Core Cortex A7 CPU
GPU ARM Mali-T760 MP4 GPU Broadcom VideoCore IV  MALI-400 MP2 @ 500MHz
Memory Dual-CH LPDDR3 2GB  LPDDR2 SDRAM 1GB 2GB DDR3 SDRAM (shared with GPU)
Storage eMMC 16GB,microSD-Slot microSD-Slot eMMC 8GB,microSD-Slot,SATA-I/F
Ethernet RTL8211E-VB-CG GbE-LAN  LAN9514 10/100Mbps Realtek RTL8211E/D GbE-LAN
WiFi/BT 802.11 b/g/n wireless & BT 4.0 + EDR 802.11 b/g/n (AP6212) & BT4.0 (AP6212)
USB 4 x USB 2.0 ports  4 x USB 2.0 ports 2 x USB 2.0 ports
Pin-Header 1 x 40-pin headers includes:
– up to 28 x GPIO pins
– up to 2 x SPI bus
– up to 2 x I2C bus
– up to 4 x UART
– up to 2 x PWM
– up to 1 x PCM/I2S w/ Slave Mode support
– 2 x 5V power pins
– 2 x 3.3V power pins
– 8 x ground pins
1 x 2-pin Power-on header
1 x 2-pin eMMC recovery header
1 x 40-pin headers includes:
– up to 28 x GPIO pins
– up to 1 x SPI bus
– up to 1 x I2C bus
– up to 1 x UART
– up to 1 x PWM
– 2 x 5V power pins
– 2 x 3.3V power pins
– 8 x ground pins
 1 x 40-pin headers includes:
– up to 28 x GPIO pins
– up to 1 x SPI bus
– up to 1 x I2C bus
– up to 1 x UART
– up to 1 x PWM
– 2 x 5V power pins
– 2 x 3.3V power pins
– 8 x ground pins
OS,Kernel Fedora 27 / kernel-4.4.71+ Fedora 24 / kernel-4.4.30-v7+ Fedora 26 / kernel-3.10.108-BPI-M2U
I2C winringPI,i2c-tools,i2c-tools-python OK winringPI,i2c-tools,i2c-tools-python OK winringBP,i2c-tools,i2c-tools-python OK
SSD via USB-2.0 via USB-2.0 SATA-Native
 Unixbench 924.0 440.7 334.7

Tinker BoardのGPIO

memo
  • /dev/ttyS1 → UART1
  • /dev/ttyS2 → UART2 ※PWMに使うので、UARTはoff
  • /dev/ttyS3 → UART3
  • /dev/ttyS4 → UART4
  • /dev/ttyS0 → BT用?

2/23追記

eMMCへの構築完了。tinker osのみ対応のため、tinker osを構築後、fedora27化を実施。

kernelは、4.3.71+