mz20monの仕様 (2019/3/3 Ver.)

System(SBC)

  • FriendlyElec NanoPC-T4
    • SoC: Rockchip RK3399 ARMv8 / 6core
    • RAM: LPDDR3 4GB
    • Storage: 32GB-microSDHC + 240GB-SSD(M.2 NVMe接続)
    • NIC
      • LAN: OnBoard GbE
      • WAN1: USB GbE-NIC
      • WAN2: USB Wlan
  • OS
    • Base-Image: armbian 5.76 (4.4.176-rk3399)
    • RootFS: Fedora 29 (aarch64)

Power Supply

  • Source Power
    • NaO10 3rd-Battery LONG LGK75-12N(12V/75Ah)
  • DC/DCコンバーター
    • 昇降圧コンバータ 自動昇降圧ボード DC 5.5-30V 12V to DC 0.5-30V 5v 24v 調整可能な定電流電圧

I/O

  • Sensors
    • 電圧電流計1 (mz20monシステム電力用):INA266(MAX10A) i2c-2:0x40
    • 電圧電流計2(7M-GTEオルタネータ電力):INA266(MAX200A) i2c-2:0x41
    • 気温気圧湿度計: BME280 i2c-2:0x76
  • Serial-Ports
    • Camp J-Box用: /dev/ttyUSB0 (FT232)
    • GPSレシーバ用: /dev/ttyUSB1 (PL2303)
  • Console
    • UART2: → mz20h270のFT232
  • GPIO
    • 自作USB電源コントローラー
      • gpio3 (PHY15): USB Power-ON
      • gpio2 (PHY13): USB Power-OFF
    • 自作ソーラーチャージャーコントローラー
      • gpio5 (PHY18): Solar Power-ON
      • gpio4 (PHY16): Solar Power-OFF
    • オフ会モード入力
      • gpio6 (PHY22): input (for Offline Meeting Mode)

Software 仕様

  • 電圧電流モニタリング
    • INA226で、システム(SBC側)電力とオルタネータ電力のモニタリングを実施
    • 約0.3sec毎に電圧・電流を測定
    • 約3sec間の平均値を記録
  •  オルタネータ電流監視
    • 1A以上で、エンジンオンと判断
    • エンジンオンで、オルタ電圧電流・Campのラジエータ水温をMQTT Publishする
    • エンジンオンが2分続いたら、強制的に、WANをUSB-NIC(LTEモデム)に切り替える。
  • GPSモニタリング
    • AKIZUKIのGPSモジュールで、現在地及び標高をモニタリング
    • GPSモジュールからは、USB-Serial経由で入力
    • 10秒に1回、現在地の経度緯度標高を記録
  • Campモニタリング
    • HKS CampのJunction-Boxより、ラジエータ水温と吸気圧力をモニタリング
    • Campからの値は、自作回路・USB-Serial経由で入力
    • Campからのデータを15回受信毎にDBの値を更新
  • ソーラーチャージャー関連
    • 現在値とシステム電圧値と時間でソーラーチャージャーを制御
  • OSモニタリング
    • zabbix-proxy,zabbix-agentで各種リソースを監視
  • MariaDB
    • zabbix-proxy用
    • mz20mon用
      • nao10location: mz20h270より現在地情報を更新
      • その他
  • ネットワーク機能
    • iptablesにて、NATルーティング
    • 現在地・エンジン状態で、WAN側ネットワークを制御
    • openvpnにて、自宅サーバと接続
    • その他

続く〜